水戸一高メーリングリスト
更新情報
水戸一高FAQ
実録オフラインミーティング
校舎建て替え情報
創立120周年関連情報
想い出のあの店
水戸一高用語辞典
なんでもおすすめ!
メンバへのリンク
水戸ゆかりのリンク
加入ガイド
水戸一高創立120周年関連情報

このページでは、創立120周年を迎える水戸一高の、 記念行事などの情報に関してお届けします。

[Information] '98/7/30
水戸一高百年史について (from 高丸さん:S51卒)

「創立120周年を迎えて 水戸一高の歴史を振り返る」

本年、母校水戸一高は創立120周年を迎え、 11月21日(土)には茨城県民文化センターを利用して記念式典が挙行されます。 従いまして、 1978(昭和53)年に創立100周年記念式典や知道会館竣工式が行われてから20年、 1988(昭和63)年に知道会主催創立110周年記念式典が行われ、 翌年からの生徒海外派遣事業(インドネシア)が開始されてから 10年の歳月が流れたことになります。
そこで、創立120周年という機会を利用して 母校水戸一高で過ごした数年間を思い出し、 母校の歴史を見つめてみるのはいかがでしょうか。 1878(明治11)年10月2日、 水戸市滝岡町(現在の水戸市金町、水戸気象台の場所)に 茨城師範学校予備学科として産声をあげてからの120年は、 水戸中学・水戸一高に学んだ者すべてに 何らかの形で深い影響を与えて続けているのではないでしょうか。 御存知の方も多いと思いますが、 創立100周年記年事業の一環として「水戸一高百年史」が編纂され、 その後も母校の資料係が「水戸一高年表」を作成してきました。 これらは一般には販売せず、 校内で生徒・奨学会会員と卒業生のみを対象に頒布してきましたので、 未だ入手してない方もおられるのではないかと思います。 そこで、 「水戸一高百年史」(別冊「水戸一高年表」を含む)の内容を簡単に紹介いたします。

第一編 水戸中学の誕生と発展
序章 近代教育の始まり
  • 第一節 水戸の風土と歩み
  • 第二節「学制」と茨城の教育
第一章 草創のころ
  • 第一節 創立・茨城師範学校予備学科
  • 第二節 揺籃期の中学
  • 第三節 「臣民」教育の浸透
第二章 尋常中学から水戸中学へ
  • 第一節 茨城県尋常中学校の充実
  • 第二節 知道会と「水中」
第三章 水中教育の確立
  • 第一節 校風の刷新
  • 第二節 教育の充実
  • 第三節 同盟休校事件
第四章 学園の安定
  • 第一節 学園の再建
  • 第二節 運動部の活況
  • 第三節 大正・昭和の歩み
第五章 軍国教育の胎動
  • 第一節 軍事色増す教育
  • 第二節 転換期の学園
  • 第三節 査閲やり直し事件
第六章 戦時体制の下で
  • 第一節 消されゆく校風
  • 第二節 太平洋戦争の渦中へ
  • 第三節 決戦体制下の日々
第七章 軍国教育の崩壊
  • 第一節 産業戦士となりて
  • 第二節 教育の荒廃と敗戦
第二編 新生水戸一高の歩み
第一章 敗戦と新教育への動き
  • 第一節 民主化政策と六三制
  • 第二節 旧七三部隊のころ
  • 第三節 水戸中学の終幕
第二章 水戸一高の誕生
  • 第一節 新制高校の発足
  • 第二節 新制度の定着
第三章 水戸一高の成長
  • 第一節 学校生活の充実
  • 第二節 激動する学園
  • 第三節 自主自立への改革
第四章 通信制の歴史
  • 第一節 発足から成長へ
  • 第二節 移転問題から廃止まで
第五章 戦後の部の歩み
  • 第一節 文化部
  • 第二節 運動部
  • 第三節 同好会
第六章 創立百周年を迎えて
  • 第一節 水戸一高の現状
  • 第二節 新たなる発展を求めて
別冊 「創立110周年・水戸一高年表(昭和53年11月〜昭和63年10月)」

この「水戸一高百年史」(別冊「創立110周年・水戸一高年表」を含む) を希望される方は、母校事務室で購入されるか、現金を添えて申し込んでください。 事務室で購入される場合は「5,900円」ですが、 郵送を希望される場合は送料520円が加わりますので「6,420円」となります。

申込み先
〒310-0011 水戸市三の丸3-10-1
茨城県立水戸第一高等学校
TEL 029(224)2254 FAX 029(225)5694

[Information] '98/7/22
120周年記念式典について (from 高丸さん:S51卒)

1998/11/21(土)に水戸の県民文化センターで記念式典を行います。 全校生徒の他、教育関係の招待者、OB等で1,500名程度を予定しています。

9:30〜10:30
式典
10:50〜12:00
講演 松野太郎氏(S28卒)
日本学士院賞受賞、現 地球フロンティア研究システム長
その後、12:30〜14:30に京成ホテルで知道会主催の祝賀会があります。
詳しい事は10月発行の知道会報に案内が載ります。 出席連絡用の葉書も同封するそうです。

[an error occurred while processing this directive]

このページはメーリングリストの情報をもとに作られています。 記載事項や、FAQの質問/回答、その他メーリングリストに関するお問い合わせは、 管理者までお願いいたします。 なお、リンクはご自由にどうぞ。